エルダーフラワーLOVE -軽井沢へ摘みに行くー

縮IMG_2612

エルダーフラワーを言葉を聞くと、心躍りますね。

イギリスやマーマレードも好きだけど、一番好きなのはエルダーフラワー。
過去のブログを見ると、やはりエルダー愛を語っている。。。

イギリス旅行でエルダーフラワーコーディアルを作った記事
イギリス旅行で作ったエルダーフラワーコーディアル

エルダーフラワーを摘んでコーディアルを作り、販売した記事
エルダーフラワーコーディアルLOVE

今年も「カシスの杜」さんにお願いをして、軽井沢までエルダーフラワーを摘みに行きました。

「カシスの杜」では軽井沢、御代田などいくつか畑をお持ちで、パティシエなど仕事関係の方はお願いすればカシス、レッドカラントを自分で摘んで購入できます。

エルダーの花の時期は軽井沢だと6月下旬。イギリスでは6月初めには花が咲きだしていたので、軽井沢はイギリスより寒いんだなと思ってしまいます。

去年も摘みにいきましたが、その時は満開。今年は花が遅く6月下旬に行った時、まだつぼみもありました。
エルダーフラワーが主に植えてあるのは御代田の畑。そこにはカシスやレッドカラントのたくさんあり、一緒に摘むことができます。

IMG_2542.jpg

エルダーフラワーは、西洋ニワトコと言い、その花の香りはなんともいえないいい香りがします。
この花の香りを使ってエルダーフラワーコーディアルを作ります。
自分の経験から言うと、イギリスのエルダーと日本のエルダーの香りは少し違う気がします。イギリスの方がフラワリーな香り。日本の方がちょっとグリーンな感じ。同じ西洋ニワトコなのでこれは気候風土の違いとしか言いようがないですね。しかし日本でエルダーの花を摘める嬉しさを考えると、多少の違いなどは問題ありません。

縮IMG_2561

小さい花がたくさん集まってとてもかわいいものです。花が咲いているものを摘んでいく。とても楽しいですね。
摘んでいると花の中に花粉にまみれて花アブがいたりして、彼らも至福の時だろうな、そんな事も考えます。

縮IMG_2626

エルダーフラワーとレッドカラントも同じ時期のものなのですね。一緒にすると、とてもきれいです。

今エルダーを自宅で育てている人が身近で増えてきました。私の家にもちゃーんとエルダーの鉢が4つありますが、なかなか我が家の樹には花が咲かない。樹が小さい事もありますが、鉢植えよりは、地植えで南向きのお日様が照る方が花が咲くみたい。
エルダーは枝を切って水につけておくと、ミントのように根が生えてきます。それを挿し木にすると増えていきますよ。

レッドカラントやカシスも初めて摘みましたよ。この話はまた後で。
今度はエルダーフラワーのコーディアル作り。

#エルダーフラワー #英国アンバサダー






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント