イギリス・ダルメインのマーマレードフェスティバル Part1

イギリス、ダルメインのマーマレードフェスティバルをご案内しましょう。

BIMG_6816.jpg

ダルメインの館の中ではたくさんのマーマレードを見ることができます。
ここに並べられているのはホームメイドのマーマレード。もし出品なさっているのであれば、このテーブルのどこかにあなたのマーマレードがあるわけです。と言っても私もそうだったのですが、なかなか自分のマーマレードを探すとなると一苦労なのです。
カテゴリー別に並んでいるのですが、これだけマーマレードの同じようなビンが並ぶと自分のマーマレードがわからない。

BIMG_6820.jpgBIMG_6807.jpg

ミスターマーマレード、男性が作ったマーマレードですよ。どんな感じなのか、食べてみたくなります。

BIMG_6810.jpgBIMG_6806.jpg

菊やオレンジの飾り方がなんとなく日本とは違う感じですね。

BIMG_6812.jpgBMarmalade Tour 2017 353

このお二人はアマチュア部門の審査員。女王様を名誉会長に、創立100年を迎えたイギリスの婦人会Women's Instituteの方です。
出品した自分のマーマレードを持っていけばコメントを直接いただく事ができます。今回はアマチュア部門には出していないのですが、特別に。

ホームメイド部門の場合、他の方のマーマレードのティスティングはできません。
しかしアーティザン部門で出品されたイギリスのマーマレードならば、フェスティバルの入場料を支払えば、無料でティスティングができます。

BIMG_6823.jpgBIMG_6826.jpg

去年と同様、この会場すべてのマーマレードをティスティングする!と思うのです。最初は調子よし。ところが途中ですべてのマーマレードを味わうのは無謀な事だとわかってきます。口直しの水も飲まず、ティスティングしていくのだもの。特徴があるそれぞれおいしいマーマレードですが、これだけ一度に口にすると甘さでだんだんわからなくなってきます。

ティスティングの時、ひとビンに一つきれいなスプーンを使う事になっており、プラスティックのスプーンは回収されて洗ってでてきます。スプーンの使い捨てより環境を考えているようでいい感じです。しかしこれだけのスプーンが出てくると、洗う方は大変ですよね。

時間に関係なければ、この会場で一日中マーマレードを味わってみたい、これが今の私の願いです。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント