私とマーマレード

Mary.jpg
(去年3月メアリーさんとの写真)

私とマーマレードの出会いをお話ししましょう!

もともと保存食や料理やお菓子、作ったり勉強したりすることは好きだったのです。
そのうちに、紅茶を勉強してティーインストラクターという紅茶を教えるという資格も取得して、そしてイギリスに旅行して、さらにイギリス好きとなりました。

今までも柚子や他の柑橘類でマーマレードを作っていました。

そして、イギリスの友人から送ってもらったひとビンのセヴィルオレンジで作った手作りのマーマレード。

これが私とイギリスのマーマレードの出会いです。

IMG_2041.jpg
(このマーマレードは私が現地で作ったセヴィルオレンジのマーマレード)

セヴィルオレンジの名前は知っていたものの、衝撃的でしたね。
まるで冬の暗い日に、そこだけパッとお日様が輝くような香りと味だったので。
レモンとオレンジの混じったような、さわやかで魅力的な味わい。日本のマーマレードにはない、味わいだったのです。
なんておいしいのだろう・・・と思いました。

友人の「メアリーのマーマレードやチャツネはおいしいのよ」の話から訪れた1月のイギリス。

そこでメアリーさんとその当時B&Bを営んでいたビディさんにそれぞれマーマレードの作り方を習ったのでした。
koIMG_1518.jpgkoIMG_2460.jpgkoIMG_2592.jpgkoIMG_2601.jpg

マーマレードの作り方は基本は同じですが、作る人によって出来上がりは微妙に違います。

日本に帰ってから、お店に並んでいるいろいろな柑橘類でマーマレードを作りました。

そして雑誌で読んだイギリスのダルメインのマーマレードアワードの記事を見て、自分が作ったマーマレードはどのような評価を受けるのだろうと思い、2013年にThe Worl's Original Marmalade Awards のアマチュア部門に出品したのが始まりです。


2013年は夏みかんや柚子で出して、シルバーとブロンズを受賞。
2014年も同じくシルバーとブロンズ受賞。 
その時の記事が↓
http://englishkitchen.blog.fc2.com/blog-entry-11.html

そして運命の2015年、マーマレードアワードでカテゴリーGOLD。各カテゴリーのGOLDは1人ずつです。
ビターオレンジである、橙のマーマレードで受賞。

このとき私はダルメインのマーマレードアワードのHPで自分の名前を発見して、「この名前はこの私??」と思ったぐらい、まさかGOLD受賞できるとは思っていませんでした。

過去記事↓
http://englishkitchen.blog.fc2.com/blog-entry-33.html

そして2016年のマーマレードフェスティバルに行ってみようと計画をして、そしてまだアマチュアだったので、アマチュア部門に先行して出して、その後1月青山でのブリテッシュギャザリングで販売の機会をいただいて、そしてプロ部門のアーティザン部門にも出品する事ができました。

アーティザン部門は事前にGOLDと連絡がはいっていましたが、現地に行って、館の中に飾られている自分のマーマレードのビンにGOLDがついているので二度びっくり。
この時は着物を着ていましたが、思わず飛び上がりましたね。

IMG_5957_convert_20160329113301 (2)コFullSizeRender

過去記事
http://englishkitchen.blog.fc2.com/blog-entry-50.html

そしてEnglishKitchen® の名前でマーマレードを作り販売するようになったのです。

koIMG_2045.jpg

マーマレードはジャムよりも手間がかかり、時間もかなりかかり、大変です。

しかし今もマーマレードを作る時、あの寒いイギリスの1月、キッチンに漂うマーマレードを作っている香り、メアリーさんの庭に来ていたブルーティッチなどの小鳥たちを思い出します。

koIMG_1862.jpgkoIMG_5362.jpg

いろいろな柑橘類でマーマレードを作る喜び、作っている間は本当に幸せです。

そしてEnglishKitchen®、私のマーマレード、皆さんにおいしいと召し上がっていただいたら、これほど幸せな事はないよな~と思ってしまうのです。




























スポンサーサイト

コメント

非公開コメント