ロサンジェルスに行ってきた!

2月下旬、ロサンジェルスに行ってきました。会社の視察セミナーの旅行だったのですが、食べ物を話をしましょう。

夜のフライトで羽田空港からロサンジェルスへ。初めて夜中発の飛行機に乗りましたが、羽田空港は意外と人も多かった。
深夜便は不思議な感じですね。いつものイギリス行きは午前中の飛行機なので、お日様いっぱいの外を眺めながら、ビールで自分に乾杯するのですが、深夜便だとなんだか勝手も違います。やはり午前出発のほうがなんだかテンション上がるような。。。

太平洋を越えて、夜が明け、そしてアメリカの大地が見えてきました。少し行くと、サンフランシスコが見えてきました。当たり前かもしれないけれど、上空から見ると、サンフランシスコは島なんですね。周りは海。ゴールデンゲートブリッジが見えて、いい感じです。サンフランシスコにはシェ・パニーズやらステキなお店がたくさんあるよな~と考えているうちに、ロサンジェルスへ。

ロサンジェルスは、広いですね。そして乾燥した感じです。乾燥に強い多肉植物やら見たことがない植物が多い。
いつもイギリスのレンガ造りの建物や古い建物を見ていたので、やはりアメリカとイギリスは違うんだな~としみじみ思いました。あたりまえですけどね。

そこで食べたいろいろ。

これはピザ。チルドレンサイズなので、ハーフサイズ。でもこれが私達にはちょうどよいのですね。
ピザ生地にバジルペースト、チーズやらアーティーチョーク、マッシュルームなどいろいろチョイスしてのせてもらって。すこしずつのせてもらっても、かなりの分量になりますね。日本のピザと違って私はこういうピザが好きだな~。オーダーするとき、最初はちょっと緊張しつつも、あれやこれやいろいろと選んでしまいました。

IMG_3588.jpg
IMG_3590.jpg

この旅行で一番楽しかったのは、トレジャージョンズとホールフーズのスーパーに長時間滞在できたこと。なんと4時間いましたよ。
まずはファーマーズショップがあるところから始まります。

IMG_3626.jpg

ファーマーズマーケットにあった、これはきゅうり。イギリスのきゅうりと一緒だと思います。私は好きなんですよ。この大きなきゅうり。ぱりぱりっとして、日本のきゅうりより味はうすめですが、なんだか甘くない瓜の皮部分を食べている感じなんです。イギリスのキュウリもこんな感じです。キューカンバーサンドにすると、カリカリっとした歯ごたえでサンドイッチによくあいます。日本のキュウリはこのパリパリ感がないんですね。キュウリの品種の違いですね。

IMG_3631.jpg

ファーマーズマーケットの横にはトレジャージョンズとホールフーズが。もうエキサイティング!なお買い物。といっても私の買い物は小麦粉やら砂糖やらクリームフレッチェ(フランスの酸味があるクリーム)など単価が安いお買い物。
野菜やら牛乳やら、イギリスとは品そろえが違いますね。生クリームの種類も少ないし、牛乳のサイズはビックだし、砂糖や小麦粉の種類や商品名もイギリスとは違いますね。
私が感じたアメリカを代表する食べ物とは、レモネードとパンケーキとコーヒーの国だなと思いました。そして容量が大きい。滞在すると違うかもしれませんが。ボトルドウォーターにブラックベリーのフレーバーをつけたものなど私は好きでした。しかしエルダーフラワースパークリングなどあってもよさそうだけど、全然見つけられず。

そしてその日の夕食はホールフーズで買ってきた商品で同室のお友達とパーティー。
サーモンやらローストビーフやらビーツやキノアのサラダなど。そうそうピーターラビットが食べそうなキャロットも。
IMG_3640.jpg

最後の日は、お友達と一緒にディズニーランドへ。
アリスちゃんと帽子屋だわ。

IMG_3745.jpg

白雪姫の継母も。継母はニコリとはしないけれどクールでこれまたステキなんですね。一緒に写真も撮っちゃって。

そしてランチは、ディズニーランド内のアメリカ南部、クレオール料理のお店へ。
IMG_3833.jpg
IMG_3835.jpg

ジャンバラヤとパンの中のクリームシチュー。この中のコーンが甘くておいしかったですね。ジャンバラヤはチリが効いていて、汗をかきかき、でもおいしかったな~。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント