イギリスのマーマレードアワード2015 入賞

イギリスの湖水地方の近く、カンブリアのDALEMAINで毎年開かれる「マーマレード・アワード」
これはマーマレードのコンテスト。そして参加費用はチャリティとして、ホスピスの寄付になります。

今年アマチュア部門 「ANY Citrus」部門でとうとう優勝しました。

一昨年から参加しているこのイベント、いろいろな種類のマーマレードを出品してきました。
2013年はANY Citrus部門でシルバー1個にブロンズ2個
2014年はお酒を使った「Merry マーマレード」ではブロンズ2個。
ダーク&チャンキーマーマレード、つまりは皮も厚めで色もダーク。あまり甘すぎないこと、これがシルバー。
いい線いっているんだけど、なかなかゴールドへはたどり着けない。

でも今年はとうとう念願のANY Citrus部門で優勝しました。
そして、これがそのマーマレードです。
橙と他のオレンジが入ったマーマレード。

IMG_3894.jpg

イギリスでは1月の時期、オーガニックのセヴィルオレンジが店頭に並びます。このセヴィルオレンジは、生で食べるには苦くて酸っぱい。それをマーマレードにするととてもおいしいマーマレードができます。日本ではこのセヴィルオレンジが手に入らないので、セヴィルと同じビターオレンジの一つ、橙をマーマレードにします。この橙、お正月に大きな鏡餅の上に鎮座しているあれです。海外の保存食の翻訳本を見ると、セヴィルオレンジの代わりに橙と注釈がありますが、私の感覚から言うとやはり少し風味や皮の味わいが違うのです。そこをどうするか?が腕の見せ所ではあるのですが。

いままでかなりの量の試作マーマレードを作ってきました。店頭に新しい種類の柑橘類があると、マーマレードを作ってみる。柑橘類によって味わいやマーマレードにした色合い、煮溶け方、出来上がりの状態など違いますね。マーマレードは食べるのが追いつかず、ストックはたまるばかり、まだまだ家にマーマレードは眠っていますよ。ふ~。

このマーマレードはどうでしょう、とろとろではなく、柑橘類の少し苦みがある、トラディショナルな感じのマーマレード。

IMG_3918.jpg

最後にイギリスでマーマレードを教えてくださった メアリーさん、ビディさん ありがとうございます。
そしていつも応援してくださっている 皆さま本当にありがとうございます。
皆さまのお陰です!


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント