マーマレード作り

年も明けました。さぁ、今年もマーマレード作りの季節がやってきました。

元旦に作ったのが、柚子が入ったマーマレード。

IMG_3078.jpg

写真のビンが柚子マーマレード。横のフルーツがダイダイです。
柚子のマーマレードはペクチンがとても多い。ダイダイで作る時と比べるとペクチン量が多いので、あっという間に固まり始めます。これは柚子の特性ですね。柚子の皮だけを使った「柚子練り」というのがありますが、それに近い感じに仕上がります。

ダイダイマーマレードはこれから作る予定ですよ。

マーマレードはどうも作る人によって、微妙に出来上がりが変わります。不思議ですね。
私は、イギリスのダークチャンキーマーマレードのように色がダークなマーマレードを作るのは、苦手です。去年、マーマレードコンテストのダークチャンキーマーマレード部門ではシルバーをいただき、サンプルはとっているのですが、いやいや難しい。そのサンプルを何回食べても、やはり黄色のマーマレードの味の方が私は好きなのです。
皮は薄めで色がきれいな黄色、とろっとしたマーマレードが私が考えるマーマレード。

本当はスペイン産のセビルオレンジがあれば、どんなにおいしいマーマレードができるだろうと思うのです。
見かけは小型のオレンジですが、中はオレンジの香りあふれる、とっても酸っぱい果汁。日本のダイダイもビターオレンジなので、セビルオレンジとは親類なのですが、セビルオレンジは果皮もオレンジの香りがします。ここがちがうんだな~。

今週末はダイダイのマーマレードを作る日になりそうです。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント