ブルーベル

ブルーベル、大好きな花です。
ブルーベルには、大きくは2種類あります。
イングリッシュとスパニッシュ、またはその混合のもの。日本で手に入るのは、スパニッシュかその混合のものです。

イギリスの4月から5月初めにかけて、森の中でイングリッシュブルーベルの花が咲きます。これはとても美しいものです。花も紫がかって、繊細です。5月イギリスに行った時のものです。
IMG_6149.jpg

これが今年の私のうちのブルーベル。秋に球根を買った時「イングリッシュブルーベル」の名称で写真もイングリッシュブルーベルのものがついていました。純粋のイングリッシュブルーベルはありえないので、スパニッシュ系のものだよな~と思いつつ、さいたのは、やはりスパニッシュ系ですね。でも寒いときから芽がつんつん伸びてかわいいものです。

IMG_1055_convert_20140506163333.jpg

こうして比べると花の質感や色も全然違いますね。イングリッシュの花は下向きに、花びらのカールも深い。家のものは下向かず、色も薄い紫。
でも、やはりブルーベルはステキです。香水のようないい香りがしますよ。球根から1つの花が咲きますが、その後は米粒みたいな小さな球根がたくさん増えます。またそれを育てるのが楽しみ。

英国の森の中には、さぞかし多くのブルーベルの球根が埋まっているんだよなぁ~と思ってしまいますね。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント